美容外科にかかる手術費用の目安。大阪

脂肪注入方法で豊胸手術をするメリットは

vaser脂肪吸引機は、多くの脂肪が取れる機器で、皮下脂肪の90パーセントまで除去が可能となっています。今まで施術困難だった部位や、再手術の部位なども、吸引することが出来ます。そして痩せている人からも、脂肪吸引をすることが可能になりました。

今まで豊胸手術を受けたいけど、脂肪を吸引する場所が無く断られていた方でも、vaserを使用すれば吸引することが出来るかもしれません。脂肪注入豊胸術を諦めていた人や、脂肪注入豊胸が出来なくて、シリコンバックを入れて豊胸した方でも、ベイザーを使えば脂肪をとって注入する豊胸術を受けることが出来るかもしれません。

最新の豊胸手術、「vaser」脂肪注入のすごい所

最近、人気も上がってきており、様々な人から注目を集めつつある脂肪注入施術の一つである「vaser」ですが、一体どのような所が他の豊胸手術より優れているのでしょうか?まず従来の脂肪注入ですと、痩せていて脂肪自体がそんなにない人の場合、脂肪を移植できないケースがありました。

しかし「vaser」は、脂肪そのものを移植するのではなく、脂肪細胞を移植するため、どんなに細くて、余分な脂肪がない人でも必ず胸を大きくすることができますし、今までは難しいと言われていたような所でも移植することが可能になりました。様々な細かな箇所も行ってみたいという人にはピッタリです。

豊胸手術には脂肪注入が効果的

ただ豊胸手術を受けても、それが見た目を綺麗にしてくれるとか、満足できる形になるとは限りません。実際に行う際には、より自然に作られている胸のようにしなければなりません。そのために医師は色々な方法を採用していますし、豊胸前には必ず方法を紹介しています。

脂肪注入は、より自然な感じで作るために必要となっており、女性から脂肪を取り出して、胸に入れることによっていい形に整えています。触った時の感じが自然になるので、シリコンを入れるだけに比べるとわかりづらく、そして大きさもアップします。最近はvaserを導入するクリニックも増えています。

豊胸手術における最新の脂肪注入とは

世界最高峰と言われている脂肪吸引機器のvaserは、効果が高い機器として多方面から注目を浴びています。その効果の高さゆえに、導入するには資格が必要となってきます。vaserを導入するにあたってのメリットとしては、不純物が少ない脂肪注入が可能となるので安全性が高く、吸引器の中でも皮下脂肪を大量に吸引することが可能となります。

また、従来の吸引器よりも感染率が低い点も利点として挙げられています。豊胸手術をするにあたって、自身の身体に少しでも、多くのメリットとなる方法を選んでいくことが、ポイントとなります。

脂肪注入による豊胸手術を受けた後気を付けること

vaserなどの脂肪注入による豊胸手術を受けた後に気を付けていただきたいことが何点かあります。一つ目はお湯をためてお風呂に入るのは1週間ほど控えましょう。傷口から細菌が入ってしまう可能性が高くなってしまいますので、我慢してください。

またできればシャワーも2日程は避けた方がトラブルは少ないとされています。また激しい運動は折角施術した胸の形を崩してしまう可能性が一気に高まりますので、こちらもしっかりと定着するまでは安静しておいた方が良いです。化粧などは顔にメスを入れたり、注射をしたわけではないので問題ありません。体にだけ気を付けて術後を過ごしましょう。

豊胸手術とvaserについて

vaserで余計な皮下脂肪を除去した後には、胸に移植することをおすすめします。vaserで除去した脂肪については従来の吸引機の脂肪に比べて、定着しやすいとされています。脂肪吸引で身体を絞った後に豊胸手術を行えれば、双方の効果を得ることができ、非常に効率的に施術の効果を得られることが期待されます。

脂肪吸引においてはリバウンドの心配はなく、部分痩せも可能になっていますので、そのような部分からいっても人気の施術となりますし、豊胸手術においてもより自然な状態でのサイズアップを期待することが可能になります。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

脂肪吸引・豊胸関連記事

ページトップへ戻る

マイクロスコープ  顕微鏡やマイクロスコープ サポートサービスもあるマイクロスコープ 美容医療に貢献するマイクロスコープ マイクロスコープと反射について 食べ物のチェックに使われるマイクロスコープ

copyright©美容整形にかかる手術費用の目安.All Rights Reserved.